財務・人事ニュース

創業融資を成功させるコツ【基礎編④ どっちの創業融資がお得か?】   [2013.04.08]

今回は、日本政策金融公庫が行う「新創業融資」と信用保証協会・金融機関・地方自治体が連携して行う「制度融資」では、どちらがお得なのかを見ていきましょう。                                                ※制度融資は東京23区を例としています。

①申込期間

「新創業融資」・・・開業前~2期。                                                                                  「制度融資」・・・・開業前~5年。                    

②融資限度額

「新創業融資」・・・1,500万円以内。                                                                      「制度融資」・・・・1,000万円~2,500万円以内。

③返済期間

「新創業融資」・・・運転資金:5年以内、設備資金:10年以内。                                                                               「制度融資」・・・・運転資金:7年以内、設備資金:10年以内。

④金利

「新創業融資」・・・3.60%~3.90%                                                                  「制度融資」・・・・2.10%~2.70%

分かりやすくするために、詳細についてはかなり省いています。

全体を見ると、「制度融資」の方がお得感があるようです。

でもまず大事にしなくてはいけないのは、どのくらい融資を引っ張れるかということです。

「金利」よりも「金額」、「率」より「量」を大事にしましょう。                                 

「お金の考え方」については、ササエルのビジネスネールマガジン

【がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾】

の中でお伝えしていこうと思います。

 

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」