財務・人事ニュース

2014年10月

【助成金003】アベノミクスの動向に注視せよ!   [ 2014.10.15 ]

アベノミクス助成金として盛り上がった若者チャレンジ奨励金。

あっという間に上限額に達し、終了。

その後はこれほど活用しやすい助成金は出てきていません。

 

早く活用しやすい助成金がでないものか、と待っている会社も少なくないでしょう。

 

今後の助成金の動向を予測する方法は、ニュースです。

企業の人事関連のニュースでは、

「今、大手企業を中心に、●●の取り組みが行われています」というフレーズが流れることがありますよね。

それは助、成金がらみの可能性があります。

 

最近でいえば、女性の管理職登用子育て後の復帰、あるいは在宅での仕事

このようなニュースを皆さんも耳にしているのではないでしょうか。

 

これ全て、助成金を活用している可能性が大です。

 

大会社が率先して取り組んでいるもの

社会的に必要とされているもの

国が助成の対象としているもの

ということなのです。

 

そんな観点からニュースを見ると、今後の助成金の動向が分かってきます。

【創業融資003】自己資金がなくても融資は受けられるのか。   [ 2014.10.01 ]

自己資金がほとんどない状況で、創業融資が受けられるのかと言えば、

「0%ではない」でしょう。

 

保証協会付きの創業融資では、確かに自己資金の条件はありません。

 

でも、自己資金がある会社とない会社では、

どちらが融資が出やすいかといえば、言わずもがなです。

自己資金がなければ、融資へのハードルは高くなります。

 

自己資金がなくても、融資してもらえばよい、とか、

自己資金がなくても、売上はすぐ上がると思っていた、という、楽観的な方も多いのも事実です。

 

まずは自己資金よりも、会社を作って行動を起こすこと、つまり事業を始めることが大事!

間違いではないでしょう。でも・・・。

設立時に売上が立たなかったり、出費が想像以上に嵩んだりすることは、通常です。

 

売上が立たずにお金が底をついた時点で融資の申請をしたり、

自己資金ゼロで融資の申し込みをしたけど断られ、資金がなく何もできない状態になったりしては、

お手上げ状態になってしまいます。

 

そうならないためにも、自己資金はしっかり準備しておくことが、

継続的に事業を運営していくためには必要です。

 

資金計画はしっかり立ててから事業をスタートしましょう。

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」