助成金活用申請

助成金を活用しないことは、毎年 100 万円以上の機会損失!

毎年度、多くの助成金が創設・改廃されています。

それだけ多くの助成金が創設されているということは、多くの会社で、活用できる助成金も増えるはずです。しかし多くの企業では、助成金が活用されていません。それは、要件が厳しいのではなく、企業側が「知らない」からです。

その「知らない」結果、毎年100万円以上の機会損失が生まれていると言われているのです。さらに、助成金の原資はといえば、会社が納付している雇用保険ですから、本来受給できるはずの助成金を受け取らないことで支払い損が発生しているということになります。

「賢い社長」は社会保険労務士を活用する!

助成金情報は、厚生労働省のホームページから得ることができます。

しかし「賢い社長」は、自分で探そうとはしません。

それは会社の本業ではないからです。 それではどうしているのか。

「賢い社長」は、助成金に強い社会保険労務士を活用しています。

「賢い社長」は、「助成金ありき」ではなく、「人事戦略ありき」で考える

助成金を活用するためには、何をすればよいかではなく、 会社の人事戦略に当てはまる助成金はあるか、と考えることが重要です。

そんな会社は成長します。

それはなぜでしょうか? 助成金はその時代に必要とされていることに対して支給されます。 つまり、会社の人事戦略がこれからの時代のニーズに合っていれば、助成金に当てはまるということになります。 そのために、常に情報のアンテナを立て、人事戦略を実行に移している会社であるということです。

だから、 人事戦略を実行している会社は成長し、助成金も活用できるのです。

活用しやすい助成金

教育系

キャリア形成促進助成金

正社員向けの教育訓練をすることで支給される助成金

キャリアアップ助成金(人材育成コース)

有期労働者向けの教育訓練をすることで支給される助成金

ポジティブ・アクション能力アップ助成金

女性管理職を増やすことで支給される助成金

労働移動支援助成金(受入れ人材育成支援奨励金)

退職した人を訓練することで支給される助成金

育児系

子育て期短時間勤務支援助成金

子育て期の短時間勤務を規定・利用することで支給される助成金

中小企業両立支援助成金

育児休業者の復帰や研修等に対して支給される助成金

環境改善系

中小企業労働環境向上助成金

雇用管理制度の導入することで支給される助成金

職場意識改善助成金

ワークライフバランスを実現することで支給される助成金

高齢者雇用系

特定就職困難者雇用開発助成金

60歳以上の者等を雇用することで支給される助成金

高年齢者雇用開発特別奨励金

65歳以上の離職者を雇用することで支給される助成金

高年齢者雇用安定助成金

高年齢者の雇用環境整備をすることで支給される助成金

助成金の金額例

簡単に助成金の金額を列挙してみると、

  • 正社員が研修を受けて50万円
  • 有期社員を正社員にして50万円
  • 女性の管理職を増やして30万円
  • 雇用管理制度を導入して100万円
  • 在宅勤務を導入して150万円

まずは助成金「無料診断」を受けてください!

貴社が助成金を受けられる可能性があるかどうか、 助成金「無料診断」で確認してみてください。

すでに助成金が支給できる取組みを行ってしまうと、助成金は支給されません。

その前に是非ご相談ください。

料金について

助成金活用申請 助成金額の20%

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」