財務・人事ニュース

2018年1月

70歳超も選択肢になる年金受給の未来は?   [ 2018.01.26 ]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

年金の受給開始年齢は、
原則65歳ですが、
60歳~70歳の間で選択することができました。

それを70歳超も選択肢に加えようということ。

近々閣議決定されるので、ほぼ確実。

高齢者の健康状態や雇用形態が多様化しているから、
柔軟で使いやすいものにしようという名目です。

私は、団塊世代の子供なので、
私が年金をもらう頃は年金受給者が大発生します。

年金は相互扶助の仕組みですが、
私より若い世代は支え切れるのでしょうか。

それを見越しての年金制度の変更なのでしょう。

まだまだ年金受給まで先の方は、
年金頼みにならず、
しっかりお金の勉強をしましょう。

そして、
年金をもらえる年齢なのにもらえない役員報酬の高い社長・役員の方。
是非当社にご相談ください。
年金を復活できる方法をお伝えします。

本日もご購読いただき、ありがとうございました。

株式会社ササエル
小泉昌克

----------------------------------------------------------------
先日誕生日を迎えました。
東京は大雪。(雪の多い地域の人にとっては小雪でしょうが)

年齢を重ね、折り返しの年齢となり、
寿命から逆算して物事を考えたり、
仕事に取り組むようになりました。

若かりし頃はイケイケドンドン(死語?)で行動していましたが、
年齢を重ね時間を大事にしながら行動するのも、悪くないなと思っています。

頑張ろう、中年!
----------------------------------------------------------------

キャリアアップ助成金(正社員化コース)に激震走る!   [ 2018.01.19 ]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

キャリアアップ助成金(正社員化コース)に激震が走りました。

この助成金は来年度も続きますが、追加条件が付される予定です。

その条件とは、
「給与を5%以上アップさせること」

今までは、有期から無期への転換だけの条件でしたが、
来年度からは、正社員への転換にも同様の条件が付されることになります。

平成30年4月1日以降に転換する場合から適用されるようです。

助成金の条件がどんどん厳しくなっていきますね。

助成金ありきではなく、
会社の成長・社員の成長ありきで、
助成金を受給していきましょう。

本日もご購読いただき、ありがとうございました。

株式会社ササエル
小泉昌克

「ものづくり補助金」まもなく始まる!   [ 2018.01.12 ]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

ものづくり補助金がまもなく始まります!
おそらく2月。

補正予算額は1,000億円となり、前年度を大幅に上回っています。

ものづくり補助金とは
経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う
中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援するもの。

狙い目としては、
「一般型」と「小規模型」

「一般型」:補助率1/2(上限1,000万円)
※「経営革新計画の承認」を受ければ補助率2/3となります。

「小規模型」:補助率2/3(小規模事業者)(上限500万円)

ササエルも「経営革新等支援機関」に認定されていますので、
「経営革新計画の策定支援」ならびに「ものづくり補助金申請支援」を行います。

是非ご検討ください。

本日もご購読いただき、ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------
今年初の登山をしてきました。

高尾山です。

リフトやケーブルカーを使って、1号路を歩けば、
軽装で登れる。ただ人が多い。

今年のルートは、
リフト-3号路-6号路で約2時間半の道のり。

3号路は見所はあまりないが、登山者が少なく癒される。
コゲラ(キツツキの仲間)も見れた。

6号路は川沿いで人気のコースなので人が多い。
軽装で登る人もいるが、結構きついと思う。

高尾山からの富士山の眺めは、最高でした。
冬は空気が澄んでいるので、天気の良い日は富士山がくっきり見える可能性が高い。
登山に興味がない人も高尾山はオススメです。
----------------------------------------------------------------------

株式会社ササエル
小泉昌克

信用保証協会の制度が変わる!   [ 2018.01.05 ]

あけましておめでとうございます。
ササエルの小泉です。

信用保証協会の信用補完制度が、
H30年4月1日から見直されます。

例えば、
創業融資に関しては、融資限度額を1,000万円→2,000万円
補償割合100%で受けられる融資限度額を1,250万円→2,000万円
と枠が広がったが、

じゃあ、2,000万円限度額いっぱい保証してくれるかといえば、
それは別の話で、当然、事業計画や財務状況を判断しながら決められる。

その他いくつかの見直しがあるが、
私が注目したのは、

「信用保証協会と金融機関の連携」という内容。

これはなにかというと、
従来から金融機関が保証協会に頼り過ぎであると釘を刺したものだ。

金融機関は、何でもかんでも、保証協会付きの融資をするのではなく、
中小企業の経営状況をモニタリングしながら、
プロパー融資(保証協会が保証しない融資)をしなさい、ということだ。

ここには、以前にも話をした「事業性評価融資」をしていきなさい、
というメッセージが含まれているのです。

事業性評価融資を受けるにはどうしていけばよいかについては、
これからのメルマガでお伝えします。

本日もご購読いただき、ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------
あけましておめでとうございます。

どんなお正月を過ごしましたか。

私はお酒ばかり飲んでいましたが(アル中ではありません)、
最近はビールを飲むとすぐにお腹がいっぱいになってしまうので、
ワインにシフトしています。

お付き合いのある社長も、
結構ワイン好きの方が多いので、
ワイン会したら楽しいだろうなと、計画中。

みなさん業績好調なので、
素敵なワイン会になるだろうなと想像。

それはさておき、
2018年スタートです!
人生1度きり!悔いのない1年にしていきましょう。
----------------------------------------------------------------------

株式会社ササエル
小泉昌克

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

株式会社ササエルは、経営革新等支援機関に認定されました!!

株式会社ササエル

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

ササエル社会保険労務士事務所

  • 派遣会社に特化した労務顧問
  • 給与計算
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」