財務・人事ニュース

創業融資を成功させるコツ【基礎編⑤ 融資までは時間がかかる!】   [2013.04.15]

今回は「時間」の話をします。

お金が必要な時は、すぐにでもお金がほしいというのは当然のことです。

しかし、そう簡単には融資は実行されません。

日本政策金融公庫「新創業融資」の場合は、

①相談→②融資申込→③面談日程決定→④面談→⑤融資可否連絡→⑥融資実行

このような流れです。

そうすると大体3~4週間かかります。

信用保証協会付きの「制度融資」の場合は、

信用保証協会と金融機関の2つの審査がありますから、さらに時間がかかります

融資申込の前には、事業計画書を作成しておかなければいけませんので、さらに時間がかかります。

結局全体を通して2ヶ月程度かかりますので、お金がなくて慌てることがないように、しっかりスケジュール管理をしておく必要がありますね。

ということで、「基礎編」は、今回で終了です。

ビジネスにおいて、何かを形にするときには、数ヶ月時間がかかります。                               それは創業融資においても同じです。

ビジネスを成功させるには、やはり積み重ねが必要なので、忍耐が試されます。                      

こういったビジネスの話は、

ササエルのビジネスネールマガジン

【がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾】

の中でお伝えしていきます。

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」