財務・人事ニュース

【創業融資006】お金を借りる本当の目的   [2015.01.01]

創業融資において、お金を借りる本当の理由とは何でしょう?

創業時はお金がないのだから、融資で資金を増やすことそのものがお金を借りる目的でしょう。

果たして本当にそうでしょうか?

それが目的だと、融資を受けたことでお金が増えたことで安心してしまうことになります。

資金がひっ迫すると資金調達すること自体に注意が向いてしまい、本業がおろそかになってしまいます。

それは創業時に限らず、です。

それではそのお金を使ってどうやって増やしていくのかという、考え(戦略)がないため、

資金繰りが結局悪化して、

さらに融資で穴埋めしようとします。

ある程度売上が上がっている企業は、融資も受けられるでしょうが、

創業時は改めて融資を受けることは不可能に近いです。

創業時は当初考えていたように売上が上がらず、

軸がぶれてしまうこともあります。

だからこそ、その軸をしっかり作って、

創業融資で得たお金をできるだけ無駄のないように会社を軌道に乗せるために使う。

これがお金を借りるほんとの目的です。

では「軸を作る」には何をすればよいのでしょうか。

それは経営方針がぶれないようにするものです。

そう「事業計画書」です。

事業計画書を綿密に作り上げていくことで、

その作り上げていく過程で、

軸ができてきます。

それは体感すると、よくわかります。

だから創業融資を受ける人は、

事業計画書をしっかり作ってほしいのです。

事業計画書は融資を受けるためではなく、

ぶれない軸を作るために必要です。

しっかり事業計画書を作成することが、

継続経営の第一歩です。

 

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」