財務・人事ニュース

経営者の連帯保証のはずし方   [2016.04.14]

おはようございます、ササエルの小泉昌克です。

本日は、銀行借入をしている経営者にとって関心事である「連帯保証」。

その「連帯保証ののはずし方」をお伝えします!

多くの中小企業では、

経営者が連帯保証人となっていて、

その連帯保証が重荷になっているのではないでしょうか。

下記の条件をクリアすることで、

金融機関が連帯保証をはずしたり、

保証額を少なくする可能性がでてきます。

それではさっそく条件を見ていきましょう。

----------------------------------------------------------------

【条件1】

法人と経営者との関係の明確な区分

----------------------------------------------------------------

たとえば、

・法人と経営者での貸し借りをなくす。

・個人として消費した費用(飲食代等)を法人の経理処理としない。

・経営者所有の不動産や動産を法人が本社・工場・営業車等として使う場合、

法人所有とするか、適切な賃料を支払う。

----------------------------------------------------------------

【条件2】

財務基盤の強化

----------------------------------------------------------------

たとえば、

・業績が堅調で、内部留保も十分ある。

・業績がやや不安定でも、内部留保が潤沢で借入金全額の返済が可能である。

・内部留保は潤沢ではないが、好業績が続いており、

今後も借入を順調に返済するだけの利益を確保できる可能性が高い。

----------------------------------------------------------------

【条件3】

金融機関への適時適切な情報開示

----------------------------------------------------------------

たとえば、

・年1回の決算報告だけではなく、毎月の業況報告や資金繰り状況を報告する。

----------------------------------------------------------------

いかがでしょうか?

一回締結した保証は外すことができない、

ということはないのです。

もちろん、ハードルは低くはありません。

条件が伴わなくて、保証が外れないこともあるでしょう。

しかし、その場合でも、金融機関としては、

なぜ外れないのか、どうすれば外せるのか、

丁寧かつ具体的に説明することが求められています。

金融機関の融資担当者に会うのは、

決算申告書提出時だけ、ということであれば、

それを改め、

定期的に会って状況報告してください。

金融機関と一線を画しつつも、

その中で信頼を勝ち得て、上手に付き合ってください。

本日もご購読いただき、

ありがとうございました。

株式会社ササエル

小泉 昌克

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」