財務・人事ニュース

借入の必要がなくても借入すべきか。   [2016.05.26]

おはようございます、ササエルの小泉昌克です。

今日は、キャッシュに余裕があるのに、

付き合いのある銀行から融資の依頼をあったら、

受けるべきか、断るべきか?

についてお話しさせて頂きます。

最初に答えを言ってしまうと、

答えは「受けるべき」です。

金利がもったいない。

自己資本比率が下がる。

・・・等々。

断るべき理由もあるでしょう。

しかし、事業経営は何が起こるか分かりません。

銀行は、雨の日には傘を貸さないのが通常。

借りれても、金利が高くて、希望額より減額されます。

それよりも、

銀行からお願いされているときに、

しっかり借りて、金利を低く抑えながら、

より潤沢にお金を残しておきましょう。

借入実績が増えれば、

本当に必要な時にも借入がしやすくなります。

借入実績の少ない会社に銀行は簡単には貸しません。

金利は保険と考えてください。

一番いけないのは、

借りたお金を散財してしまうこと。

お金はあると使ってしまうもの。

散財癖のある社長は、しっかり金庫番を雇ってくださいね。

本日もご購読いただき、

ありがとうございました。

株式会社ササエル

小泉 昌克

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」