財務・人事ニュース

労務相談Q&A【第11回】「残業させられない世の中になる!?」   [2016.10.17]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

以前に、
36協定を結べば残業させることができて、
特別条項を盛り込めば、もっと残業させることができる。
でも働かさせ過ぎは、労使共にデメリットは大きい。
という話をメルマガでお伝えしました。

その残業について政府が規制をかけるという話が
現実化してきました。

これも「働き方改革」の一環。

限度時間を超える特別条項付きの36協定を
原則禁止にする、という内容。

原則禁止だから、例外もできるのだろうと予想はつくけど、
それは表面的な話で、根本はそこにはないでしょう。

根本は、
日本は労働人口がどんどん減っていくので、
元気な人はみんな働いてもらわないといけない、
ということ。

そのためには、
働き方に柔軟性を持たせる必要性があるから、
36協定、特に特別条項は弊害になる、というわけ。

残業時間の長い会社は、
今後採用するのが難しくなることも予測はできます。

でも、なかには残業を厭わずバリバリ働きたい人もいる。
(もちろん過重労働をさせてはいけませんよ)

だから採用時には、
会社、特に経営者の考え方を明確に伝えること、
人事理念や人事方針をしっかり伝えること、
が結構大事になってくる。

働き方改革によって、厳しさを感じる会社もあるだろうけど、
それを上手に利用して、
強い会社にしていくという「したたかさ」で、
差別化していきましょう。

当社はいつでもサポートします。

本日もご購読いただき、ありがとうございます。

ササエル社会保険労務士事務所
小泉

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」