財務・人事ニュース

労務相談Q&A【第13回】「労使トラブルを起こさないコツ」   [2016.10.31]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

全国の労働局等に労働相談にする相談は、年間何件くらいあると思いますか。
「ナント、100万件以上」です。

会社で働いていれば、
労使トラブルなんて見たことも聞いたこともない、という方はいないのではないでしょうか。
(そういう方がいたら、羨ましい限りです。)

労使トラブルは、法的な問題に発展しますが、
法的な問題があるから、労使トラブルになるのかと言うとそうでもない。

ここからが「労使トラブルを起こさないコツ」です。

中小企業だろうと大企業だろうと、
何かしら労務に問題があります。

それを従業員が知っていても、
特に問題にならないことが多い。

それが問題になるのは、感情的になるとき。

要は、法律ではなく、感情が労使トラブルを招くということ。

だからトラブルが起こりそうなとき、
会社側が感情的になってしまってはダメ。

社員も感情がエスカレートしていくから、
こうなってしまうと、
憎しみしか生まれない。

そしてその憎しみが法的な問題に発展していくという流れ。

労使トラブルを起こさないコツとは、
「お互いに感情的にならないこと。」

感情的にならないということは、どういうことか。

社員側は、
働いていて納得感があったり、
ここでずっと働いていきたいと感じられること。

会社側では、
給与体系や職場環境を整えることであったり、
ずっと働いてもらいたいと感じる社員に育てていくということ。

最後に付け加えておくと、
労使トラブルがなくても法的に問題があるのなら、会社はそれを改めないといけません。

以上です。

給与体系や職場環境を整えたい!とお考えの方は、
いつでも当社にご相談ください。

本日もご購読いただき、ありがとうございます。

ササエル社会保険労務士事務所
小泉

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」