財務・人事ニュース

社長の資金繰り相談「取引のない銀行と取引を始める方法」   [2016.10.28]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

今日は、
「今まで取引のない銀行とどうやってお付き合いを始めるか」という話。

会社を始める時は、近くの都銀で入金口座を作って取引をはじめるのが一般的。

でも、その都銀がお金を貸してくれるかといえば、
都銀は小さい会社には興味がないので、消極的です。

そこで、地方銀行や信用金庫で融資を受けようと思っても、
いきなり窓口に行って、「お金貸してくれ」って言ったって、貸してくれません。

知り合いの社長、税理士、コンサルタントから紹介してもらうツテがあればよいけれど、
それも難しい場合どうするか。

信用金庫だとローラーかけて営業していることもあるから、
新人だろうと何だろうと会っておく。
会えなくても名刺だけ頂戴しておく。
そうしておけば、お金を借りたいときに、
「前に来てもらったみたいだけど・・・」と言って呼び出せばOK。

営業が回ってこなければ、どうするか。
信用金庫の窓口に行って、入金口座を作る。
そして名刺と会社の資料を渡して、
近いうちに融資を考えている旨をその窓口に伝えておく。

そうすると、融資窓口に案内されるか、
後で融資担当者から連絡が来ます。

こうして晴れて、
初めての融資に向けたスタートが切れるということになります。

「今まで取引のない銀行とどうやってお付き合いを始めるか」という話でした。

本日もご購読いただき、ありがとうございました。

株式会社ササエル
小泉昌克

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」