財務・人事ニュース

ランチを経費にする方法   [2017.09.01]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

ランチを経費にする方法がある。

ランチミーティングを活用するのである。

金額はさほど大きくはならないので、
節税という意味では、効果は小さいかもしれない。

しかし会社が大きくなってくると、
役員と社員、あるいは部署間での意思疎通は難しくなってくる。

そこでランチミーティングを会社負担で定期的に開催し、
コミュニケーションが図られようになれば有益である。

もちろん経費と認められるようにするために、
社内規程や議事録を作成することは必須で、
ランチミーティングと称して経費にしても、
税務署にもちろん否認されます。

昔、私が会計事務所で働いていたとき、
ある会社の社長は、毎日コンビニの弁当代が福利厚生費に入っていて、
指摘したことがあった。

年間で30万円弱と大した金額ではないのだが、
元帳を見ると、
福利厚生費の科目欄に、
びっしりコンビニ名が記載されているのである。
結構壮観ではあるが、やってはいけない。

------------------------------------------------------------------
メルマガがだいぶご無沙汰になっておりました。
メルマガもう書かないの?と言われることもしばしば。

もっと助成金の情報を流してほしい。
銀行ネタ楽しみにしてますが、最近見てない。等々。

さまざまなご意見ご要望を頂いておりますが、
いずれ体系立てて、お伝えしたいと思います。
------------------------------------------------------------------

本日もご購読いただき、ありがとうございました。

株式会社ササエル
小泉昌克

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」