財務・人事ニュース

パートを無期雇用にしなければいけない法律が実施される!   [2017.10.20]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

期間を定めて契約していた社員(パート等)を
無期雇用、つまり契約期間のない雇用にしなければいけなくなります。

今まで会社にとっては、有期契約であれば、
会社の業況に合わせて、
契約満了により契約解除することもできました。

しかしこの法律改正により、簡単に契約解除することが難しくなります。

もちろん条件があります。

その主な条件は、
・有期労働契約の通算期間が5年を超えていること
・対象労働者が無期雇用の申込みをすること

逆に言えば、
5年を超えても本人が申し込まなければ、
今まで通り有期契約で良い、ということですが、
申し込まれれば、会社は断ることはできません。

その際には、
助成金を活用できるので、
5年を超える有期契約の社員がでる前に、
助成金の計画、就業規則の変更の手続きは必ず行っておいてください。

なおこの無期転換は平成25年4月1日に施行されており、
5年後(あと半年)の平成30年4月1日から対象者が発生することになります。

本日もご購読いただき、ありがとうございました。

株式会社ササエル
小泉昌克

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

株式会社ササエルは、経営革新等支援機関に認定されました!!

株式会社ササエル

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

ササエル社会保険労務士事務所

  • 派遣会社に特化した労務顧問
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」