財務・人事ニュース

労務相談Q&A「固定残業代は残業代として認められないのか!?」   [2016.08.29]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

今日の労務相談は、

「固定残業代は残業代として認められないのか!?」
というご質問です。

固定残業代という制度は、
前もって、給与に一定の残業代を含めて支給することです。

企業では、
残業代計算しなくても良いから便利。
結構残業させてるから、とりあえず固定残業代を支払っておこう。

ということで、固定残業代を採用しているところも少なくありません。

しかし、固定残業代は実際「何時間分」の残業代が含まれているのか、
雇用契約書に記載しておく必要があります。

それじゃあ、30時間分くらいにしておくか、とザックリ決めてしまう。
これはお勧めできません。
しっかりこの社員は毎月どのくらい残業するのか、
この業務に就いたら、どのくらい残業することになるのか、
現状の仕事の範囲やスキルと照らし合わせて、設定してください。

また。固定残業代という項目が見栄えが悪いので、
営業手当といったような項目にしておくというのもいけません。

就業規則に「営業手当は固定残業代のことです」というように書いておけばよいか、
これもやめましょう。
固定残業代なのに、営業手当ってそもそもおかしいですよね。

固定残業代について書いてきましたが、
大事なことは、まず実際の労働時間の中身を分析することです。

実際どの業務に時間がかかっているのか。
それはその人がやるべき仕事なのか。
その仕事は、
部下やアウトソースに回して、
もっと生産性の高い仕事をさせることはできないのか。

そうすることで、
売上や利益を上げながら、
残業代は削減できます。

無駄な時間、やらなくてもよい仕事は必ずあります。

最終的には、
固定残業代という制度がなくても、
しっかり売上・利益を上げられる体制を構築していきましょう。

残業を削減したい会社、経営者の方は、
当社までご相談ください。

本日もご購読いただき、ありがとうございました。

ササエル社会保険労務士事務所
小泉昌克

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」