財務・人事ニュース

社長の資金繰り相談「人件費の削減の仕方」   [2016.09.02]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

さて前回の続きです。

人件費をどうやって削減するのか。

人件費を削減するというと、
「人減らし」を考えてしまうかもしれませんが、
そういう話ではありません。

人を減らさなくても、人件費は減らせます。

人件費が発生するのは社員を採用することで発生します。
その社員がすぐに辞めてしまったり、
トラブルメーカーたっだりすれば、
採用のやり直し、労使トラブル対応で
お金は出ていきます。
まずは採用がキモ、ということです。

どういう社員を採用したいですか。
売上を上げる営業マン?
能力の高い専門職?
確かに欲しい人材かもしれませんが、
それだけではないはずです。

答えは社長の心の中にあるはずです。
じっくり考えてみてください。

それから総額人件費の把握・分析
現状、給与をどのくらい払っていて、
それが適正なのかどうか把握しておく必要があります。

会社の業況にかかわらず、
人件費だけは右肩上がりになっている会社は、
すぐにでも現状を認識して対応策をとりましょう。

残業が多く残業代がかさんでいる社員はいませんか。
社員がしている業務と会社が期待する業務にギャップはありませんか。
社員が今日1日どんな仕事をしているか把握できていますか。

書き始めたらきりがないのですが、
上記の現状把握をして対応策をとることで、
人件費が減るか、売上や利益が上がります。

人にまつわる問題は、
すべて経営にかかわってきます。

当社は資金繰りコンサルだけではなく、
人事戦略コンサルも得意としていますので、
いつでもご相談ください。

本日もご購読いただき、ありがとうございました。

株式会社ササエル
小泉昌克

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」