財務・人事ニュース

社長の資金繰り相談「後継者が連帯保証を嫌がる」   [2016.09.30]

おはようございます。
ササエルの小泉です。

中小企業では社長が連帯保証している融資が多いのではないでしょうか。

融資を元手に社員を雇用したり、インフラを整えたり、仕入れや販促活動を行ったりする。

最初からお金が潤沢にある会社は少ないので、
会社を軌道に乗せるにはどうしても融資が必要。

起業当初の融資は、銀行から信用がない(実績がない)ので、連帯保証はしかたがない。
会社に力がつけていくと、銀行から信用が得られて保証も外せるようになります。

事業承継をするときに連帯保証があると後継者候補が尻込みすることがあります。

後継者にはそれくらいの覚悟をもっていなければ、経営者になれないと思うかもしれません。
しかし後継者は、過去の借入金を自分が連帯保証しなければならないことに抵抗を感じる人が多いのも事実。

だから現経営者は銀行から信用を得て、連帯保証を外す努力が必要です。

どうやって外していくかと言うと、それは過去に書いたメルマガをご覧ください。

「経営者の連帯保証のはずし方」
http://sasal.jp/news/article/315

連帯保証は当たり前だと思わず、保証のない融資(プロパー融資)を増やしていくことは
とても大事なことです。

現経営者にとって連帯保証を外すことは、
自分のためにも、後継者のためにも、大事な仕事になります。

本日もご購読いただき、ありがとうございました。

株式会社ササエル
小泉昌克

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

「社長」を支える!

  • 資金繰り改善サポート
  • 創業融資対策

「人事労務」を支える!

  • 労務サポート
  • 助成金活用申請

著書紹介

ビジネスメールマガジン

がんばる社長のための「お金」と「人」の実践勉強塾

会社にとって「お金」と「人」の問題は、永遠のテーマ。「知っている社長だけが得をする!」そんな話をちりばめながら、常に変化する財務・人事・経営・税務などの情報をタイムリーにお届けします。

「より実践的で、より新鮮で、より面白い!」そんなビジネスメールマガジンです。

お名前
  名
メールアドレス

メールアドレス変更・解除はこちら

財務・人事ニュース

所長コラム「気づきと発見」